コンテナ型トランクルームとは

コンテナ型トランクルームの特徴とメリット

時代の移り変わりの中で、自宅やオフィスで日常的に使わない荷物を預けられるトランクルームの需要が増加しています。いくつかあるトランクルームの種類で比較的人気となっているのがコンテナ型です。こちらは文字通り荷物の運搬などに使用されるコンテナを利用したトランクルームになります。コンテナ型は屋内型に比べて利用スペースが広くなっているので、大きいサイズや大容量の荷物でも余裕を持って預けられるのがメリットです。場所によっては24時間自由に出入りができるケースも多く、時間を気にせず自分の好きなタイミングで出し入れができるのもメリットと言えます。住宅地を始めとした郊外に集中していて安い費用で利用できるのもコンテナ型の魅力です。

利用する上で気を付けるポイント

前述したように、コンテナ型のトランクルームは費用の安さや荷物の出し入れのしやすさといった、たくさんのメリットがある反面注意すべき点もあります。その一つがセキュリティ対応です。屋外に設置されているコンテナ型トランクルームは、入退出にチェックなどが行われないため、契約者以外でも敷地に入ることができます。防犯カメラによる監視が行われているとはいえ、敷地内にいる人が部外者かどうかの判断をするのは難しいのが実情です。そのため、荷物の管理は個人でしっかりと行わなければいけません。また、コンテナ型は外気の影響を受けやすく、季節によっては高温、多湿になってしまうこともあります。美術品のような保管が難しい荷物を預ける時は注意が必要です。