屋内型トランクルームとは

一定のセキュリティ設備がある

トランクルームの種類として屋内型と屋外型があり、保管を予定するものによって使い分けると良いとされています。比較的よく見かけるのが屋外型で扉がむき出しになって設置されています。一応扉には鍵がありますし監視カメラなどもあるので侵入の危険はそれほどないでしょうが、あまり価値のあるものを保管するのに適していると言えません。一方屋内型は専用の建物やオフィスビルの空室などを利用して提供されるサービスです。専用の建物だと建物を入るのに専用の鍵が必要ですし、エレベーターを利用するにも必要階にしか降りられない仕組みのところも多いです。監視カメラだけでなく管理人を常駐させているところもあり、セキュリティに関しては屋外型より高いと言えるでしょう。

空調管理が必要なものの保管に適している

アウトドア用品などを自宅以外で保管するなら屋外型のトランクルームでもよいでしょう。アウトドア用品は屋外で使うケースが多く、湿気や温度の変化があっても状態の変化が少ないからです。一方衣類や紙類などは湿気や温度の変化に弱く、屋外型だと同じ状態での保管が難しくなるかもしれません。そんな時に利用したいのが屋内タイプのトランクルームで、こちらでは空調管理がされているので幅広いものの保管に適しています。1年を通して同じ温度、湿度に保たれていて湿気などに弱いものであっても変質しにくくなっています。ただし建物全体を一括管理しているところと部屋ごとに管理しているところで管理の仕方が異なるので、より厳しい空調管理が必要ならそれに対応したサービスを選ばなければいけません。